自己破産と養育費

自己破産したら養育費はどうなる?免責されるの?

自己破産した場合、離婚してしまった前夫・前妻との間の子供の養育費の支払いは
他の借金などと同じように払わなくてよいとして免責されるのでしょうか?

 

 

やはり、自己破産をする際に、
なかなか払えなかった養育費について、心配される方がいます。

 

 

実は、養育費については、自己破産の免責が確定した場合でも、
今後も支払いをしなければならない非免責債権といわれ、免責自体がされません。

 

 

2005年の破産法改正によって、養育費は非免責債権とされ、
自己破産時も免責対象とされないことになりました。

 

 

養育費は、一般の借金と異なり、
子供を養育するために認められた支払いとなりますので、
そもそも、払わなくていい債権に含まれていません。

 

 

すでに期日を迎えており払えなかった養育費についてもそうですして、
今後も支払いをしなければいけない養育費についても同様です。

 

 

ですので、免責を受け自己破産手続きが終了したとしても、
養育費については、引き続き払い続ける必要があります。

 

 

ただし、すでに期日を迎えて支払わなければいけない養育費については、
破産手続き中に強制執行はできず、他の債権と同じように処理され、
免責確定後に、再度強制執行が可能になります。

 

 

 

○養育費が免責とはならいけど、では減額はできないか?

 

 

自己破産をしたとしても、養育費は支払い続けなければいけませんが、
他の借金の支払いがなくなったとしても、
養育費を支払い続けることは容易ではありません。

 

 

その際に、養育費の減額を依頼することはできないのでしょうか?

 

 

実は、すでに払うべき養育費として期日を過ぎてしまったものについては減額ができませんが、
今後払う予定の養育費自体は手続きに応じて減額を進めることができます。

 

 

双方の話し合いに基づいて減額が合意に至ればいいのですが、
合意とならない場合には、「養育費減額請求調停」という申し立てをし、
裁判所に入ってもらい話を進めていきます。

 

 

裁判所が入っても調停がまとまらない場合には、
最終的に、裁判所の審判に移行し、
減額する金額などを決めていくことになります。

 

 

 

▼裁判所_養育費請求調停
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_07_07/

 

 

○離婚に関するコンテンツ

 

 

 

○よく検索されるキーワード

自己破産 養育費 慰謝料
破産養育費免責
養育費破産債権
破産宣告養育費
破産養育費

関連ページ

自己破産で給料・給与の差し押さえはどうなる?
自己破産をすると給料・給与の差し押さえがされるのでしょうか?またすでに差し押さえられている場合はどうなるのでしょうか??自己破産のデメリットについて、フォーカスして解説しています。自己破産は借金が0になる免責などのメリット以外にデメリットも存在しています。
自己破産すると自動車は没収?引き上げされる場合とは?
自己破産すると車はどうなるのか?ローンがのこっているかどうか?手持ちの自動車を残す方法などを説明しています。自己破産のデメリットについて、フォーカスして解説しています。自己破産は借金が0になる免責などのメリット以外にデメリットも存在しています。
自己破産で賃貸アパート・マンションは追い出される?滞納している家賃は?
自己破産した場合、現在住んでいる賃貸アパート・マンションはどうなるのでしょうか?また滞納がある場合などはその支払も免責されるのでしょうか?自己破産のデメリットについて、フォーカスして解説しています。自己破産は借金が0になる免責などのメリット以外にデメリットも存在しています。
奨学金も自己破産の免責可能?延滞で返済困難な奨学金
奨学金も自己破産の免責可能?延滞で返済困難な奨学金について自己破産の際にどう考えるか?連帯保証人の家族にも影響があるため注意が必要です。自己破産のデメリットについて、フォーカスして解説しています。自己破産は借金が0になる免責などのメリット以外にデメリットも存在しています。