自己破産のデメリット

【必見】自己破産のデメリット〜どうなるの?家族やクレジットカードなど・・・

 

自己破産は、借金がなくなるというメリットもありますが、
その一方で、デメリットもあります。

 

また、今まで利用できていたクレジットカードが使えなくなったり、
持ち家であれば、自宅を失ったりということもあります。

 

ですので、しっかりとデメリットを理解したうえで、
自己破産をするかどうか考えるための情報を紹介しています。

 

 

自己破産するとどうなるの?

・内緒で自己破産(家族・会社・その他)
・収入
・保証人・連帯保証人
・貯金(自己名義・妻旦那配偶者名義・両親名義)
・自己破産するとクレジットカードも没収?
・自己破産と車・自動車は没収?
・自己破産で自宅・家はなくなる?
・賃貸住宅の場合は?
・生命保険はどうなる?
・携帯電話はどうなる?
・退職金も差し押さえ?

 

 

自己破産すると官報に掲載
→闇金業者はこの掲載情報を集めて、DMなどを送ってきます。

 

◆自己破産後はどうなるの?

自己破産と住宅ローンの関係は?
・自己破産後のローンはいつから?
・クレジットカード
・ETCカード
・銀行口座

 

◆2度目の自己破産について

 

 

2005年の破産法改正でなにがか変わった?

 

 

破産法については、2004年に新しい破産法が制定され、2005年に施行されました。
改正された主な点としては、3つのポイントがあります。

 

@1度免責を受けると、原則10年は再度免責を受けることはできませんでしが、
改正後の破産法では7年間に短縮されています。
A自己破産をした際に処分されない現金は21万円以下とされていましたが、
改正後の破産法では、現金は99万円まで処分されないなど増額されました。
B改正後の破産法では、自己破産の申し立てをすることで、免責を受けるまでは差し押さえなどの強制執行ができなくなりました。
以前は、自己破産前でも強制執行などができたため、安心して自己破産の手続きを進めることができませんでしたが、安心して手続きを進められるように整備されました。

 

 

困ったときは?

 

 

まずは、無料で相談できる事務所に相談してみることをおすすめします。

 

自己破産専門・自己破産に強いおすすめ事務所

 

 

また、自分が自己破産をすべきかどうか、その他の方法があるかどうかなど
わからない時は、こちらのサイトの診断で確認してみましょう。

 

>>自己破産の診断チェック<<

 

匿名で住所などの入力も不要ですので、気軽にできます。
また、診断後に最適な解決方法や無料で相談できる専門家も推奨してくれるので、
利用してみて損はないでしょう。

 

匿名(ニックネーム)・住所なしで自己破産の改善方法を無料診断できます。
こちらの無料借金診断を試してみてください。

 

 

>>自己破産の診断チェック<<